医療保険について

医療保険とは、病気、負傷、出産又は死亡により、短期的な経済損失を保険給付によりまかなう制度のことです。
自営業者か被用者(会社員)などによって制度が異なり、
自営業者は国民年金保険、被用者は健康保険が適用されます。
また、75歳以上の方は自営業者・被用者関係なく、
後期高齢者医療制度の適用となります。
そして、このような制度には以下の法律が適用されます。

●健康保険法
労働者又はその被扶養者の業務災害以外の疾病・負傷・出産・死亡に保険給付が適用され、
国民生活の安定と福祉の向上を寄与することを目的としております。
※管轄:全国健康保険協会又は健保険組合

●国民健康保険法
国民健康保険事業の健全な運営を確保し、
社会保障及び国民健康の向上に寄与する事を目的としております。
管轄:市町村又は国民健康保険組合

●高齢者の医療の確保に関する法律
国民の高齢期における適切な医療の確保を図るため、医療費の適正化を推進するための計画の作成及び保険者による健康診査等の実施に関する措置を講ずるとともに、高齢者の医療について、国民の共同連帯の理念等に基づき、前期高齢者に係る保険者間の費用負担の調整、後期高齢者に対する適切な医療の給付等を行うために必要な制度を設け、もつて国民保健の向上及び高齢者の福祉の増進を図ることを目的とする。
管轄:全国健康保険協会・健康保険組合・市町村・国民健康保険組合・共済組合又は日本私立学校復興・共済事業団

被保険者について

●健康保険
適用事業所(会社など)に使用されている者が被保険者となります。

●国民健康保険
市町村に住所を所有する者は、市町村が行なう国民健康保険の被保険者となります。
国民健康保険組合については、組合員及び組合員の世帯に属する者をその組合が行なう国民健康保険の被保険者とします。

●後期高齢者医療
・後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する75歳以上の者
・後期高齢者医療広域連合の区域内に住所を有する65歳以上75歳未満の者であって、
政令で定める程度の障害状態にある旨の当該後期高齢者医療広域連合の認定を受けた者。
上記のどちらかを満たす者を被保険者とします。

法律の紹介みたいな形になりましたが、医療保険の簡単な紹介を致しました。
具体的な解説はここではしておりませんが、ここから先は、
保険給付の具体的な条件や内容・価格などの学習をしていく事になります。
機会があれば今後紹介しましたが、テキストを購入して学習したほうが効率が良いので、
そちらを参考にして下さい。