労働基準法の概要

社会人なら一度は労働基準法という言葉を聞いた事があると思います。
社会保険労務士試験でとても重要な分野ですので、ここは外せません。
ここで労働基準法の全体像を紹介しますので、是非参考にして下さい。

●労働基準法とは
職場での最低基準の労働条件を定めた法律です。
本来、労働条件というのは、契約自由の原則がありますので、労使間で自由に決める事ができます。
しかし、現実は、使用者が有利になることから、
労働者にとって不利な条件を一方的にのまされるケースが多々あります。
特に不景気で求人が少ない時期だと余計にその傾向にあります

そこで、労働者が一方的に不利な条件にならないように、
労使間の契約に規制をかけたのが、
労働基準法で、違反に対しては罰則を設けることの実効性を確保しました。

●労働条件の原則
労働基準法に、「労働条件は最低限の生活を営めるものではいけない」と明言されております。
そしてその労働条件を定めたものが、労働協約と就業規則及び労働契約になります。
・労働協約:労働組合と使用者との文書による取り決め
・就業規則:使用者が作成する職場においての労働条件
また、労働条件の決定方法は、
労働基準法に「労働者と使用者が対等の立場で決定するべきもの」とされています。

●労使関係に関する法規制
労働基準法は、労働者と使用者の個別の労働関係を規制していますが、
それに対して、労働組合などを結成して、団体交渉することが保障されている
労働組合法もあります。
また、労使間で労働条件などのトラブルが発生した場合、裁判で解決することもできますが、
個別の法律で「あっせん」「調停」といった制度もあります。

よくわからないこともあると思いますが、
何となくでもよいので頭に入れておいて下さい。