社会保険労務士の試験概要

ここで簡単な社会保険労務士の試験概要を説明しますので、しっかりと確認して下さい。
特に、試験日、試験科目、合格基準は、今後とても重要な意味を持ちます。

■試験日
8月の第4日曜日

■受験場所
全国33ヶ所

■受験料
9,000円

■試験科目
・労働基準法及び労働安全衛生法
・労働者災害補償保険法
・雇用保険法
・労働保険の保険料の徴収等に関する法律
・健康保険法
・厚生年金保険法
・国民年金法
・労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識

■試験方式
選択式・択一式

■試験時間
・午前:80分
・午後:210分

■合格基準(平成21年度)
・選択式試験の総得点が25点以上あり、かつ各科目で3点以上(ただし、労働基準法及び労働安全衛生法、厚生年金保険法、労働者災害補償保険法は2点以上)であること。
・択一式試験の総得点が44点以上あり、かつ各科目4点以上であること。 (毎年変更有)

■申し込み期限
4月~5月末日くらいまで

■申し込み方法
下記のホームページで確認して下さい。
http://www.sharosi-siken.or.jp/

詳しくは、自分で確認してほしいのですが、 試験科目の多さと、その合格基準は厳しいと感じます。

まず、試験科目は8つもあり、それぞれの科目に合格基準があります。

他の資格試験は、科目別に合格基準がないものも多いので、
効率的に学習できますが、社会保険労務士はそれが出来ません。
つまり、全科目満遍なく学習するために、勉強時間が必要になるのです。

ですので、何度もこのサイトで言っていますが、
社会保険労務士の資格取得は容易ではありません。

次のページでその社会保険労務士の難易度を説明いたします。


<特集>手っ取り早く社会保険労務士の資格取得するある方法とは?