社会保険労務士の仕事1号業務

社会保険労務士の仕事は、
1号~3号業務と言われている3パターンに分類されます 。
このページでは、1号業務の解説をしたいと思います。

1号業務と言うのは、社会保険労務士の仕事の定番で
社会保険労務士や労働保険の手続き代行を行ないます。
この業務は社会保険労務士の独占業務となります。

しかし、この1号業務は、社会保険労務士の独占だといっても、
あくまでも外部のものが代行とするということが前提で、
社内のスタッフが手続きを行なう事ができます。

ある程度従業員が多い企業は、
社会保険労務士が代行しますが、
従業員が少ない企業は、社内のスタッフが行なっている
ケースがほとんどです。

もちろん、種類作成にはある程度の知識は必要ですが、
しっかりと学習すれば、資格がなくても十分に対応することが出来ます。

つまり、この1号業務に関して、絶対的な社会保険労務士の必要性はないのです。

しかし、そのように言うと、社会保険労務士は必要がないと思われますが、
実際に1号業務を依頼されることも多く、
別のページで解説する2号・3号業務で、社会保険労務士の必要性が高くなります。

ここで言いたい事は、これから社会保険労務士に目指す方は、
この1号業務が全てだと思ってほしくないのです。

より社会保険労務士として、個性を出し、仕事していくには、
2号・3号業務が中心となります。