社会保険労務士の仕事3号業務

社会保険労務士の3号業務とはいわゆる
コンサルタント業務です。

つまり、簡単にいうと、企業の労務管理に関する指導・教育をする
ということです。

一概には言えませんが、現在稼いでいる社会保険労務士の方は、
この3号業務中心に行なっています。

というのも、以前に紹介した1号・2号業務は、
競合が多い上、仕事の内容に対してもそれほど差別化を図る事はできません。

そのため、多くの企業は、現在お願いしている社会保険労務士や
知り合いの社会保険労務士に仕事を頼む傾向にあるので、
新規の顧客を獲得することは容易ではないのです。

しかし、3号業務は、その社会保険労務士の個性や経験が出るので、
差別化が出来やすく、競合とのバッティングも極力避ける事が出来ます。

例えば、社員研修のコンサルタントを行なった場合、 その社会保険労務士の今までの経験やノウハウがあり、 それは学習では身に付ける事が出来ないので、
独自の仕事にする事が出来ます。

それは社会保険労務士に限らず、全ての職業にいえる事です。
つまり、3号業務は他の社会保険労務士との差別化を図れ、
自分の強みをアピールしやすい業務なのです。

そしてその事が少しずつ浸透していき、労務管理の●●は、
あの人に聞けばわかるというようになってきます。

もちろん、はじめからそうした事が出来ませんが、 毎日仕事をしっかりと行なえれば、そうしたオリジナリティーが作られてくるのです。