選択式のさらなる攻略法

前ページで選択式の攻略法は、「基本」が大切だとお話しました。
基本さえしっかりと身に付いていれば、
これからお話する事は特に必要ありません。
十分に合格基準に手が届くレベルになります。

しかし、本試験を解いているとどう考えても見た事のない問題が出題されます。
どうせなら、そうした問題も解きたいと思いますし、
当然解けたほうが合格の可能性は高まります。
ただ、そうはいってもあれもこれも学習していては、
とうてもじゃありませんが、頭がオーバーヒートしてしまい、
逆に合格から遠のいてしまいます。

そこで是非理解してほしいのが、
「文脈から考えて正解を導き出す」事です。

ここで重要なのは、普段の学習からすぐに解答をみないで、
考える癖をつける事です。

多くの方はわからない問題はすぐに解答を見て覚えようとしますが、
そんな学習で選択式を攻略できるほど甘くありません。

狙われるポイントがわからない選択式だからこそ、
文章をしっかりと読んで、考える訓練をすることです。

しかし、誤解しないでほしいのは、
答えを推測すれといっているわけではありません。

正しい基本を身に付ければ、そんなことをしなくても正解は導き出せます。
冒頭で説明したように、あくまでも基本を身に付け、
その上でどうしてもわからない問題を
推測する力をつけて下さいということです。