社会保険労務士として食べていけるのか?

これから社会保険労務士を目指す方によく聞かれるのが、
「社会保険労務士になって食べていけるのか?」です。

これから社会保険労務士を目指すのですから、
そうした事が気になる気持ちもわかります。

しかし、それに対して質問の仕方が違います。
正確にいうなら、
「今後社会保険労務士の需要はどうなって行きそうですか?」です。

社会保険労務士になって食べて行けるか行けないかは、
あなた次第で、資格そのものは関係ありません。

社会保険労務士だろうと、司法書士だろうと、弁護士だろうと、
企業すると同じ事ですので、あなたがどれだけ世の中の需要に応えるかで、
食べていけるか、いけないか決まっていくのです。
それが起業するということです。

どんなに優れた資格であろうとも、
例えば弁護士でも食べていけなくて困っている方はいますし、
逆に社会保険労務士でも年収2000万円以上稼いでる方もいます。

資格を取得しただけで、安泰と言う事は、
この時代、そしてこれからの時代はありえないのです。

但し、生活していくだけの収入を
稼ぎやすいか稼ぎにくいかということはあります。

それが「今後社会保険労務士の需要はどうなって行きそうですか?」
と言うことです。

結論をいうと、今後爆発的に伸びする事はありませんが、
ある一定の需要はあり続けると思います。

それは社会保険労務士というより、
資格ビジネス全体に言えることではないでしょうか。

難易度の低い資格なら話は別ですが、
社会保険労務士のように、難易度がそこそこ高く、
受験資格も必要な間口が狭いので、
これからまったく駄目になる可能性は少ないと思います。

ですから、社会保険労務士はあなたが頑張れば、
生活していけるだけの収入を稼ぐ事は十分に可能と言うことです。