結局どの学習法が良いのか?

ここまで、社会保険労務士の学習法を紹介していきましたので、
それを参考に自分のライフスタイルと相談しながら、
決めれば良いと思います。

ただ、それでもどの学習法が良いのかわからないという方もいます。
そんな方に様々な事を考慮して、どの勉強法が良いのか管理人の意見を述べたいと思います。

管理人は「通信教育が良い」と感じます。

まず通学に関しては、この業界に詳しい方ならご存知だと思いますが、
社会保険労務士に限ってはそれほど良い講座はないと思います。

何故なら、通学してまで学習しようとする、
司法書士や公務員試験、公認会計士など、社会保険労務士より難易度が高く、
しかも受講生が多く、受講料が取れる講座に資格学校は力を入れようとします。

社会保険労務士試験は、通学と言うよりも通信を受講する方が多いと思いますので、
どうしても通信に力を入れてしまいます。
(通学と全く同じカリキュラムを通信で行なっている学校は論外)

また、通学した場合、多くの方は誤解しているのですが、
学校で勉強すれば終わりだと思っているのですが、
実際は自宅で学習しなければ合格出来ません。

学校で教わるのは知識の説明や考え方で、
力をつけて行くためには、自宅の学習は必要不可欠です。
つまり、通学の場合、学習量が増えるのです。

そうした当たり前の事を理解しないで、
通学すれば合格できると思っている方が多いので、
多くの方は不合格になるのです。

次に独学ですが、、すでに紹介したように、知識のない方が合格するためには、
よほどの強い意志が必要なりますので、おすすめ出来ません。

そして学習法を選ぶ上で最も重要なのは、どの学習を選ぶかではなく、
どの学習なら最短で合格できるかです。

極論を言ってしまえば、独学とか通信とか通学とかはどうでも良く、
合格できる勉強法なら何でも良いのです。

まぁ、ここで紹介した事はあくまでも管理人の個人的な意見ですので、
無視しても構いません。

しかし、「どの学習なら最短で合格できるか」ということは
絶対に忘れないで下さい。