今の生活に、上手に学習を組み込もう

 ひとたび社会保険労務士試験に挑戦しようと決意すれば、おそらく大半の方が
「よし、それなら明日からは勉強一色だ!」
と、志高く、意気揚々とスタートされることと思います。

しかしながら、その意気込みのまま本試験日まで突っ走ることのできる方というのは、おそらくほんの一握りなのではないでしょうか?
毎年、多くの方が社会保険労務士試験への挑戦を決意されるにもかかわらず、実際に本試験受験にこぎつけることが出来るのは100%ではありません。そして不思議なことに、途中で受験を断念される方の中には、「受験のために生活を変えよう」という、元々前向きであった方が多い傾向にあります。


 「受験するなら全力で」、この意気込みは決して間違っていないと思うんです。しかしながら、人間無理をし過ぎると何事も上手くいかないもの。
このことは、資格受験においても然りです。

社会保険労務士試験について一生懸命に考えれば考えるほど、無理な学習スケジュールを計画する、無理が生じて計画についていけなくなる、一度ついていけなくなると立て直しが出来なくなる・・・。これが、学習が上手くいかない負のスパイラルの典型です。

特に、資格取得のためにライフスタイルを変えようと考えれば、こちらについてもどうしても無理が生じるもの。通学講座を選択した場合には、通うこと自体が負担に感じられることもよくあることです。こんなことでは、せっかくの当初のやる気が台無しですよね。


 それでは、社会保険労務士本試験日までやる気を維持し、学習を続けるためにはどうすれば良いのでしょうか?その答えは「ほどほどを心がけること」です。
あくまで今の生活の中で出来る範囲のことを一生懸命やろう、この意気込みで充分です。受験のために躍起にならず、その時々で自分に出来る最大限のことを考えれば良いのではないでしょうか?

重要なのは、「適度に頑張り、やる気をキープ」の心がけ。学習へのハードルはあまり上げない方が、断然長続きします。


自分のペースで出来る学習法について、模索してみましょう。「無理をしない」に努めることが、合格力を養う上での第一歩となります。